AX

京都・西陣織・夏物紋紗着物・御召・京友禅-佐藤織物(株) - キモノアレコレ

キモノアレコレ

製作風景が中心の着物にまつわるコーナーです

  • 2019年9月15日 fujihime

    IMG_1549KOUGEI EXHIBITION“JOURNEY” 工芸を旅する展覧会(9/7〜9/8)に参加しました。この展示会は2019年9月1日から9月7日の国際博物館会議 京都大会(ICOM 2019)の開催にあわせて 実施する「KYOTO KOUGEI WEEK2019」のプロジェクトの一つでした。

    『京宿うさぎ』さんにて、3グループがこのホテルの客室を展示会場として、展示をしました。私は所属している「京もの認定工芸士」の任意団体の【響】というグループでの参加でした。展示の風景は写真の通りです。各界の分野の若手、中堅の職人が作った作品を、この一棟貸しの高級宿屋に展示しました。

    とても見応えのある、他にはあまり見ることのない面白い展示会になったと思います。

    IMG_7363ちなみに私は染め帯2本と日傘を2本を出品しました。次の日が9/9の重陽の節句ということもあり、菊の染め帯を出品しました。

    日傘は以前に試作品として作っただけで、幻の紋紗日傘でございます…(^^;;

  • 2019年8月10日 fujihime

    IMG_70698月1日(木)、2日(金)の2日間、京都市中京区の「ちおん舍」にて開催されました「第三回 西陣御召発表会」は無事終了いたしました。

    京都市内の予想最高気温が38℃、39℃という、京都らしい蒸し暑い日になりました。「西陣きもの会」10社程での合同発表会で、和気あいあいと楽しくアテンドしておりました。

    業者さま向けの展示会でしたので、小売店さん、問屋さん、産地問屋さん、その他お取り引きメーカー等の方々がお越し下さいました。

    お越し下さいました皆様、暑い中本当にありがとうございました。

    弊社は今年の展示会は「紋紗の塵避け」としてのご提案として「コート」や「羽織」を中心に、絵羽物を展示いたしました。紋紗の生地自体は「着物」としても「羽織もの」としても、どちらにでもお仕立てすることが出来ます。その「羽織もの」として着用するにあたって、もっとお洒落で素敵な物はできないかと考え、作ってきました。そして薄手の紋紗の新作もあわせて、この度発表いたしました。

    FullSizeRender弊社のみでのこうした新作の展示会等出来ないので、この年一回のこの展示会で、こうしてご覧いただく機会ができますこと、大変嬉しく思っております。そしてこれを励みに、頑張っております。ご意見、ご要望などございましたら、お気軽にお聞かせくださいませ。

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 2019年7月2日 fujihime

    58C8EF24-3F30-4837-B21B-EE9E812BEEC7先週末に親戚がフランスのお友達を連れて、私の友禅の工房にお越しくださいました。フランスからとはいえ英語でお話しされるのですが、全部親戚が流暢な英語通訳をしてくれて、私はスムーズに友禅の工程等、説明させていただきました。(この友禅の実演等、普段は一切しておりません。今回特別に段取りさせていただきました)

    さて今までこのような友禅実演、工房見学は数回したことがあります。数える程です。お取引先のご要望で、お客様に見せたいというものが中心です。最近、友禅工房を開放して、見学や体験をしているところも多いようです。私の工房にどのくらいご要望があるかは存じませんが、申し訳ありませんが今後もしばらくは、そのような予定はありません。もしご希望の方がいらっしゃいましたら、私のお友達の工房をご紹介しますので、弊社にお問い合わせくださいませ。

    非公開の理由はいろいろありますが、まず友禅の実演するにあたって、その日までに準備することが多く、長期的な計画をしていないと出来ないというところです。

    友禅をするには、まずは白い生地を用意し、墨打ち(着物のパーツの寸法を測って印を付ける)、図案を描き、着物の生地幅(約38㎝)に図案をパーツ毎に描きます。その図案を元に白生地に図案を写し、糸目(染料がにじまないように線でくくる)を引きます。←これは専門の職人さんにお願いしています。糸目が終わったら、柄の中を糊伏せ(マスキング)します。マスキング後にマスキング以外の広い部分を引き染めします。←これも専門の職人さんにお願いしています。染まった後、染料を定着させる蒸し、糊を落とす水元(みずもと)というのを専門の工場へお願いします。

    D62663A5-08E8-4DEF-9306-B4D4EAE2D173そしてやっと私の手元に戻ってきて、友禅の準備に入ります。図案や職人さんの混み具合にもよりますが、大体これまでに最低でも1ヶ月〜2ヶ月かかります。またそれもいきなり友禅が出来るわけでもなく、友禅部分に良く染まるように地入れという作業をします。布海苔(ふのり)を炊いて、こして、刷毛で友禅部分に塗っていきます(1日以上はじっくり乾かしていた方が良いです)。友禅の色を決めて染料を合わせるのは、実演の前日にします。そして当日に友禅する部分を決めて、それ以外は少し作業を進めて、色合いをみたりしておきます。

    そして当日は工程を説明しながら、残しておいた友禅部分に色を挿します。

    というのが、一連の流れです。友禅の実演には長い時間をかけて準備をし、前日には色合わせは必須です。また実演の次の日には残りの友禅を終わらせます。なぜなら、染料はナマモノです。長期間置いておけるものではなく、一度合わせた染料は出来るだけ早く使い切ります。

    と、言うことは!今回の実演ですが、土曜日にしましたが、前日の夜遅くまで作業をし、実演の次の日の日曜日にも残りの友禅をしました。ただでさえ忙しくてバタバタした1週間のうち実演前日は会社と工房の掃除に始まり、1日準備明け暮れました。

    結局ね、暇だったらいいのです。絶対的に実演の前日は、通常の仕事が出来ないので、その分予定が押します。それがまた問題です。長期間な計画をしておきながらも、実演の前日の予定は、当日でないとわからない部分もあります(お客様のご来社、お取引先に呼ばれる等)。でも実演の準備は必須です!

    長々と出来ない理由を書きましたが、今は特別な理由がない限り対応できない状況ですので、どうぞご容赦くださいませ。私がこのように細かく書いたのは、友禅の工程には長い時間が掛かり、準備も含め容易ではないということをご理解いただきたいのです。 また普段の仕事見てみたいという方がほとんどでしょうが、友禅をしている時間よりも、それ以外の作業の方が大部分です。ほとんどが地味な作業です。墨打ちの作業なんて、お話しながらなんてできません。かなり集中して作業します。友禅以外では見てもらうような作業って、あまりないように思います(^^;)

    このように閉鎖的な工房ではございますが、良いものを作ることに集中していきたいと思っておりますので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします!

     

     

  • 2019年6月9日 fujihime

    27CCF7D4-FEFE-4688-AB86-E4B0A9567B62毎年好評の西陣織工業組合によるファミリーセールは6月8日(土)、9日(日)の2日間、無事に終了いたしました。

    このセールをご存じの方は開催日初日の朝にお見えになるそうで、今年も大盛況でたくさんの方だったよです。

    私は2日間共にお友達をご案内したりと、会場をウロウロしておりました。見てしまうと欲しくなるのですが、今年は「欲しい病」が発病しませんでしたʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

     

  • 2019年5月31日 fujihime

    IMG_6730
    毎年ご好評いただいております、西陣織工業組合主催の「きもの良きものファミリーセール」が今年も開催されます。弊社も参加いたします。紋紗をお探しの方は是非この機会にお求めくださいませ。弊社は難物の紋紗をお安く提供する予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

     


    日時 : 6月8日(土)・9日(日) 10:00〜17:00IMG_6731

    場所 : 西陣織会館5F 特設会場 (堀川今出川)

    入場無料ですが、招待状が必要となります。ご入用の方はご連絡くださいませ。

  • 1234
2019年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930          

月別アーカイブ

カテゴリー