AX

京都・西陣織・夏物紋紗着物・御召・京友禅-佐藤織物(株) - キモノアレコレ

キモノアレコレ

製作風景が中心の着物にまつわるコーナーです

「お知らせ」の投稿一覧

  • 2019年7月2日 fujihime

    58C8EF24-3F30-4837-B21B-EE9E812BEEC7先週末に親戚がフランスのお友達を連れて、私の友禅の工房にお越しくださいました。フランスからとはいえ英語でお話しされるのですが、全部親戚が流暢な英語通訳をしてくれて、私はスムーズに友禅の工程等、説明させていただきました。(この友禅の実演等、普段は一切しておりません。今回特別に段取りさせていただきました)

    さて今までこのような友禅実演、工房見学は数回したことがあります。数える程です。お取引先のご要望で、お客様に見せたいというものが中心です。最近、友禅工房を開放して、見学や体験をしているところも多いようです。私の工房にどのくらいご要望があるかは存じませんが、申し訳ありませんが今後もしばらくは、そのような予定はありません。もしご希望の方がいらっしゃいましたら、私のお友達の工房をご紹介しますので、弊社にお問い合わせくださいませ。

    非公開の理由はいろいろありますが、まず友禅の実演するにあたって、その日までに準備することが多く、長期的な計画をしていないと出来ないというところです。

    友禅をするには、まずは白い生地を用意し、墨打ち(着物のパーツの寸法を測って印を付ける)、図案を描き、着物の生地幅(約38㎝)に図案をパーツ毎に描きます。その図案を元に白生地に図案を写し、糸目(染料がにじまないように線でくくる)を引きます。←これは専門の職人さんにお願いしています。糸目が終わったら、柄の中を糊伏せ(マスキング)します。マスキング後にマスキング以外の広い部分を引き染めします。←これも専門の職人さんにお願いしています。染まった後、染料を定着させる蒸し、糊を落とす水元(みずもと)というのを専門の工場へお願いします。

    D62663A5-08E8-4DEF-9306-B4D4EAE2D173そしてやっと私の手元に戻ってきて、友禅の準備に入ります。図案や職人さんの混み具合にもよりますが、大体これまでに最低でも1ヶ月〜2ヶ月かかります。またそれもいきなり友禅が出来るわけでもなく、友禅部分に良く染まるように地入れという作業をします。布海苔(ふのり)を炊いて、こして、刷毛で友禅部分に塗っていきます(1日以上はじっくり乾かしていた方が良いです)。友禅の色を決めて染料を合わせるのは、実演の前日にします。そして当日に友禅する部分を決めて、それ以外は少し作業を進めて、色合いをみたりしておきます。

    そして当日は工程を説明しながら、残しておいた友禅部分に色を挿します。

    というのが、一連の流れです。友禅の実演には長い時間をかけて準備をし、前日には色合わせは必須です。また実演の次の日には残りの友禅を終わらせます。なぜなら、染料はナマモノです。長期間置いておけるものではなく、一度合わせた染料は出来るだけ早く使い切ります。

    と、言うことは!今回の実演ですが、土曜日にしましたが、前日の夜遅くまで作業をし、実演の次の日の日曜日にも残りの友禅をしました。ただでさえ忙しくてバタバタした1週間のうち実演前日は会社と工房の掃除に始まり、1日準備明け暮れました。

    結局ね、暇だったらいいのです。絶対的に実演の前日は、通常の仕事が出来ないので、その分予定が押します。それがまた問題です。長期間な計画をしておきながらも、実演の前日の予定は、当日でないとわからない部分もあります(お客様のご来社、お取引先に呼ばれる等)。でも実演の準備は必須です!

    長々と出来ない理由を書きましたが、今は特別な理由がない限り対応できない状況ですので、どうぞご容赦くださいませ。私がこのように細かく書いたのは、友禅の工程には長い時間が掛かり、準備も含め容易ではないということをご理解いただきたいのです。 また普段の仕事見てみたいという方がほとんどでしょうが、友禅をしている時間よりも、それ以外の作業の方が大部分です。ほとんどが地味な作業です。墨打ちの作業なんて、お話しながらなんてできません。かなり集中して作業します。友禅以外では見てもらうような作業って、あまりないように思います(^^;)

    このように閉鎖的な工房ではございますが、良いものを作ることに集中していきたいと思っておりますので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします!

     

     

  • 2019年6月9日 fujihime

    27CCF7D4-FEFE-4688-AB86-E4B0A9567B62毎年好評の西陣織工業組合によるファミリーセールは6月8日(土)、9日(日)の2日間、無事に終了いたしました。

    このセールをご存じの方は開催日初日の朝にお見えになるそうで、今年も大盛況でたくさんの方だったよです。

    私は2日間共にお友達をご案内したりと、会場をウロウロしておりました。見てしまうと欲しくなるのですが、今年は「欲しい病」が発病しませんでしたʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

     

  • 2019年5月31日 fujihime

    IMG_6730
    毎年ご好評いただいております、西陣織工業組合主催の「きもの良きものファミリーセール」が今年も開催されます。弊社も参加いたします。紋紗をお探しの方は是非この機会にお求めくださいませ。弊社は難物の紋紗をお安く提供する予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

     


    日時 : 6月8日(土)・9日(日) 10:00〜17:00IMG_6731

    場所 : 西陣織会館5F 特設会場 (堀川今出川)

    入場無料ですが、招待状が必要となります。ご入用の方はご連絡くださいませ。

  • 2019年4月28日 fujihime

    IMG_1352皆様、大型連休は如何お過ごしでしょうか。
    さて只今、ビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念した展覧会「ビアトリクス・ポター™生誕150周年記念ピーターラビット™の世界展」が開催されております。

    日時:2019年4月20日(土)〜5月26日(日)

    場所:山形県酒田市美術館

    【酒田市美術館HP→http://www.sakata-art-museum.jp/deta2019/peter.html


    弊社で制作したコラボ商品の染帯と紋紗の着尺も展示してあります。
    お近くの際には是非ご高覧くださいませ。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  • 2019年4月28日 fujihime

    IMG_5398お友達で東京でご活躍されている【コットンパールの和小物 MIZUHO     https://o-mizuho.com/】の瑞穂さんが、弊社で誂えてくださった紋紗の羽織りを着てくださいました。

    只今《4月24日(水)~4月30日(火) 日本橋三越本店4F呉服フロア》に出展中で、《5月2日(木)~3日(金)10:30~18:00(最終日17:00まで)日本橋三井ホール東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1(5階)》にも出展という、超多忙で、引っ張りだこの売れっ子作家さんなんです。この度は三越さんでの催事中に、この弊社で誂えてくださった御召の着物と羽織を着てくださいました!

    1月に京都の高島屋での催事でお越しの際に、このお誂えをご依頼いただき、バタバタとこの日に向けて作ってまいりましたが、間に合ったとこ、気に入ってくださったことが本当に何よりも嬉しかったです。そして本当に、お写真を拝見してホッとしました。とっても似合ってらして素敵です!

    IMG_1355彼女の持っている着物や帯を大体把握していること、好みや彼女の雰囲気など大体ですが分かった上で、打ち合わせをして制作を進めていきました。

    写メで雰囲気をその都度確認して、工程、進み具合も写メで報告しながら、進めていきました。いくら友達だから任せると言われても、不安を与えたくないし、一緒に作る工程も楽しんでもらいたいし、いろんな思いで創り進めました。それは私にとって本当に楽しくもあり、ドキドキでした。

    久しぶりのお誂えでしたが、私自身も手前味噌ですが満足しており、とっても良い経験をさせていただき有り難かったです。

    お誂えをご希望されておられる方、宜しければどうぞご相談くださいませ。よろしくお願いいたします。

  • 2019年4月16日 fujihime

    4月末からの連休のご予定はお決まりでしょうか。

    今回、弊社内にて「第1回 西陣の紋紗屋さんの会」と題しまして、初の内覧会のようなものを企画しております。

    「第1回 西陣の紋紗屋さんの会」

    日時 : 4月27日(土)〜5月6日(月)  

              9:00〜18:00  頃まで

               *但し5/1と5/2はお休みを頂きます

    連休中に、一般の方に弊社の商品をご覧頂こうと思っております。

    完全ご予約制にいたしますので、ご予約のない日時は店を閉めております。ご容赦くださいませ。

     

    今回の企画は弊社の紋紗の生地を見て、触れていただく事を目的としておりますので、展示会、販売会という感じではありません。

    まずは商品を見ていただいて、知っていただければと思っております。ご意見、ご要望をお聞かせ頂いたり、着物のお話しやご相談でも何でも結構ですので、楽しくお喋り出来ましたらと思っております。元々弊社は小売りはしておりませんので、細やかな接客の術もございませんが、私なりに精一杯対応させていただこうと思っております。

    ご案内が遅くなりましたが、弊社のHP上と弊社のInstagram【https://www.instagram.com/sato_orimono/】のみで募集してみる企画です。

    6CC4505A-DCC4-4732-97CD-3FA5BEB293F0
    ご予約の流れは下記の通りです。

    ①このHPのバナーにある【お問い合わせ】にてお願いいたします。

    ②*の部分をコピペしてご記入ください。

    *ご希望のお日にち  (    月    日  )        必須

    *ご希望のお時間     (   時頃から   時頃まで)    必須

    *ご参加される方全員の人数     (全員で     名)  

    *他のお客様と時間帯が重なった場合のご希望

    例 ) : 少しくらい重なっても大丈夫、困る、その他ご意見などございましたら、お知らせください

    (                                    )

    *当日の緊急連絡先   (携帯電話                  )    必須

    *当日の交通手段  お車の方は駐車スペースを確保しますのでお知らせください

    (                                            )

    *その他気になる点、ご心配なことがございましたら、些細なことでも結構ですのでお尋ねくださいませ。     

    (                                    )

    ③【お問い合わせ内容】に貼り付けてください。

    ④お手数ですが【お問い合わせ】の欄の必要事項にもご記入くださいまして、送信してください。

    その後、弊社の方でメールを受信いたしましたら、先着順にご希望のお時間を確保いたしまして、改めて日時とご予約のご確認用のメールを送信いたします。直ちにはお返事出来ない場合がございますが、必ず返信いたします。

    万が一、弊社からのご予約確認のメールが届かない場合は、恐れ入りますが、お電話にてご確認くださいませ。

    その他、何かございましたら、お電話でのお問い合わせも受付けますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

    それと男性用の幅の広い1尺1寸の紋紗もございます。男性の方もお時間ございましたら、この機会に是非ご覧くださいませ。

    また前日、当日にふと「行ってみよう!」と思われた方は、一度お電話にてお問い合わせください。対応できる場合がございます!

    以上長くなりましたが、お時間がございましたら、是非お越しくださいませ。

    心よりお待ち申し上げております。

     

  • 2019年1月7日 fujihime

    チラシ 表面チラシ 裏面

    私も所属しております、

    京もの認定工芸士会「響」の第一回工芸展

    日時:1月9日(水)~16日(水) 10:00~16:30

    場所:みやこめっせ地下(ふれあい館)

       京都市左京区 岡崎

    ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑上記は無事に終了いたしました。

    IMG_11628日間で1600人以上の方がご来場くださったようです。沢山の方にご覧いただき、ご意見、ご感想を頂きましたこと 誠に有難うございました。また皆様と会場でお話ししたり、ご説明させて頂くという貴重な機会も頂きまして、有難うございました。またこれからも精進して参りますので、どうぞご支援の程、宜しくお願いします。(会場内の写真:私の作品は右手奥の黒い着物です←半分しか写ってません…)

     

     

  • 2019年1月7日 fujihime

    IMG_1125本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    今年も元旦に今宮神社と平野神社に初詣に行きました。今宮神社では毎年「日供」をお願いし、「織姫神社」へお詣りしております。織姫神社は西陣では外せない神社ですね。そして平野神社へお詣りへ。こちらでは「染織守」という笹の形の御守りを毎年購入し、弊社の工房に祀っております。多分10年くらい前から売っていたと思います。初詣の際に、この御守りにふと気が付いて「買わなくては!」と購入したのがきっかけで、毎年これを買わないと不安になるくらいです笑

    さて、この平野神社。去年の夏の台風で拝殿が倒壊し、少し寂しくなったのかしら?と思いきや、今までに見たことのないくらいの参拝客の行列でした。そして平野神社の「平野」というお名前だからか、ジャニーズのキンプリの話題で一杯の境内でした。どうやらファンの子達が願掛けに来ているようでした。確かにホント可愛いというかイケメンですよね~(*'ω'*) だから?って感じもありますが。神社に若い子らが訪れるというのは、よろしいことですね。

  • 2018年12月17日 fujihime

    先日ご縁で南座の顔見せに行くことが出来ました!新しくなった南座をTVで見て「あの建物を実際見るのは年明けの【十日えびす】かなぁ」と、つい先日家で話していたような。まさか私が行けるなんて。しかも前から2列目という席で!

    IMG_1067そのお話をいただいて、急遽着物に着替えて数時間後には南座に到着し、観劇しているという、夢のような現実を味わいました。下調べをせずに、話の内容や役者さんこともよくわからないままでしたので、勉強しておけば良かったなぁと後悔。ミーハーな私でもわかったのは愛之助さんと仁左衛門さんと中村芝翫さんと…くらいかしら…^^;          

    さて、ここからは着物とは関係なく観劇レポートです!

    【マナーのこと】

    観劇の際のマナーだけはおさえておきました。お喋りをしない!という笑。

    1人で観たので誰かとお話することはないのですが(´∀`) でもいるんですね〜。ずっと私のお隣さんはお喋りしていて、ホントに気になりました…。ひそひそ話でも周りが静かなので気になりました。

    【着物のこと】

    IMG_1077着物率がヒジョーに高かったです!素敵な着物を着ている方ばかりで、華やかでした。

    私は自社製の西陣縞上代御召に自分でデザインし友禅した付下げに、西陣織の袋帯でした。それに長羽織。羽織り紐はお友達でコットンパールのアクセサリー作家のお友達(mizuho.cottonpearl)にオーダーした物です。

    相変わらず渋い感じで、はんなりというには程遠いですね。こういう時にはんなりとした小紋とか、付下げを着て行ってみたいものです。←持っていませんが(・_・;

    【幕間のこと】

    IMG_1076幕間と言われる休憩時間に座席でお弁当を食べました。座席が狭かった為に結構大変でした。とても寒い日でしたら、コートとかどうするのかしら。とてもじゃないけど、膝にコートをかけて、その上でお弁当を食べるのは無理です。クロークがあるのかは知りませんが、なければコインロッカーに預けておいた方がいいと思いました。私は手荷物としてカシミヤのショールと小さめのバッグとお弁当が入っている紙袋がありました。それを足元に置いたら、座席の下はいっぱいで足を伸ばすこともできません。私は羽織を着ていたのですが、脱ぐべきか悩みました…。足元が寒かったのと、帯が白地で汚したくないということもあり、結局最後まで脱ぎませんでした。お弁当を食べている途中で、同じ列の方の移動は本当に厄介だと思いました。知らないお隣の方に合わせて食べて、同じような行動をして、御手洗いなども済ませないといけません。これを30分間で終えるというのも、まあまあ大変ですね。

    初めての南座。そして歌舞伎。煙草を吸うシーンではモクモクと煙りが天井まで上がって、コンタクトの私はずっと目がしょぼしょぼしてて笑。それにしても生の声、生の役者さんの姿、迫力あります!

    夜の部は 16:50〜21:55 の約5時間です。そんなに長いなんて初めて知りました笑とにかく私はなーんにも知らなかったのですから。驚きがいっぱいです。
    もしもまた行く機会があれば、よく下調べをして行きたいなぁと思いました^^;   役者さんを間近で見ておきながら、白いお顔を見ていたら、大体みんな一緒の顔に見えてきたり…。スッピンお顔の役者さんと目の前の役者さんが頭の中で重なってこないという私…。やっぱりそれは残念ですよね。

     なんの参考にもならないレポートを書いてしまいましたが、私のような素人でも雰囲気は十分に楽しめます。でもこれだけは!体調が良い時をお勧めします。結構体力要ります。一回座ったらその後当分動けません。また十分な睡眠も取った上で、観劇に行かれることをお勧めします笑。動けないから気分が悪くなったと言うお客様の声を聞きました。どうしても無理してしまうのでしょうがね。慣れない着物だと尚更、窮屈で体調を崩しそうですね。着物好きとしてはどちらを取るか悩ましいところですが…

    また機会があったら行ってみたいと思う、とっても魅力的な師走の南座 顔見世興行でした!

  • 2018年12月9日 fujihime


    D748A812-DC02-4217-AB51-81C2E9797BFB12月5日は息子の小学校の行事「大茶会」でした。洋服でもよかったのですが、ここはやはり着物で行かなくてはと。12月とは思えない程の暖かな日が続いていてましたので、一つ紋の単衣の着物にしてみました。道中は単衣だけではやはり寒いので、長羽織しました。ちなみに、この長羽織も単衣なのですが。

    さて、着物でお茶会に出席するのはいいのですが、お茶の作法も知らない私にとってハードルの高いこと…。着物というだけで、お茶をしている人の雰囲気が漂います(-_-;)まして、はんなりとした着物を着ていれば可愛らしいのですが、そのような着物は一つも持たず。仕事や法事用のような、渋い着物しか持っていないので、雰囲気だけはかなりの大御所感…(-_-;)  ホントに困ります。いっそ洋服で行こうかと、真剣に悩みました。

    結局のところ当日、お隣のお母様方に「私は着物は着てるけど、お茶のことは何も知らないのよ〜」と打ち明け、打ち解けるという笑

     IMG_1060楽しくお茶会とクリスマスの劇や歌を観劇しました。

    息子が作った和菓子に息子が絵付けしたお茶碗で、息子が立ててくれたお茶碗をいただくという、おもてなしに感激でした(涙)

     

  • 123
2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031      

月別アーカイブ

カテゴリー