京都・西陣織 紋紗 夏着物 御召 京友禅 MENU
2018/05/28
これから

久しぶりに先週は私の師匠のお顔を見にお邪魔しました。80歳になったって言われたけど、お元気そうでお変わりない感じでした。

 

さて師匠が只今絶賛断捨離中ということで、お家の中が凄いことになっていました。数年前にも師匠の断捨離の物(仕事の道具や資料等)をいただきました。今回は完全にサッパリしたいみたいです。ちょうどいい時に伺ったと言って良いのか、また更に色んな物を譲り受けようと思っています。

 

そんなことになっているとは知らずに伺ったのですが、今回は車に積め込めるだけの物を積んで持ち帰りました。

 

 

今回は今までの貴重な図案を図案入れ(木箱)ごと、いただきました。カビだらけの木箱をタワシで水洗いをして干したらサッパリ!そして整理されていなかった図案を箱ごとに整理していきました。懐かしい図案があったり、見たことのない図案にワクワクしながらも淡々と整理。ボロボロだけど図案美しさに心が震えながら、友禅との出逢い、師匠との出逢い、いろんなご縁等を感じていました。

 

実はこの日、師匠に友禅の相談というのか、話がしたくて伺いました。私は最近仕事のことでずっと悶々していました。過日このHPを見たという1本の電話も理由かな。お宮参り用の着物が欲しいと言われました。探していたらウチのHPに辿り着いたと。残念ながら在庫もなく、作るには時間がなくて…

 

あと何年仕事が出来るのかわかりませんが、時間がない気がします。詳しい事は書けませんが、もうボチボチやらねば!私がしなければ!なんて思うのでした。