京都・西陣織 紋紗 夏着物 御召 京友禅 MENU
    着物に関する「アレコレ」をお届けします。
  • 2020/09/06
    千切屋(株)様の新社屋のお披露目会

    お取引先の「千切屋(株)」様の新社屋のお披露目会に伺いました。今年で創業295年という老舗中の老舗の呉服問屋さんです。

    高倉通り三条下がった一等地に、間口の広い風格のある建物です。

    以前の建物の面影も残しつつ、周りの建物に馴染むように建て替えられているようでした。

    内部には以前にあったお庭を少し残して、吹き抜けの建物になったようです。

    さて、その新社屋の玄関前には、ずらりと並んだ見事なお祝いのお花!圧巻です!

    弊社もささやかですが蘭のお花をお祝いでしたのですが、周りの蘭が立派過ぎて…笑

     

    そんなおめでたい日にあやかって、私も初おろしの着物で伺いました。着物は私がデザインし、友禅した訪問着です。息子が生まれる前に友禅するつもりが、ご存じの通り⁈妊娠前からずっと体調が悪く、妊娠中、出産後も動けなかったこともあり、長い間染めることができず放置してました。それもあって生地の状態が悪くなり、実は売り物にならなくなった物です。私にとっては思い出深い物なのですがね笑

    本当は暑いし上から何も羽織りたくなかったのですが、9月ということもあって、夏物の紋紗の着物のみですと、なんとなく気が引けまして。しかも薄い黄色の着物でしたので、上から道行コートを羽織りました。

    これも初おろしです!これは本当に縁起の良い時におろしたかったので、この日に無理やり、おろしました。先染めの糸で織った薄手の紗です。黒とボルドーの糸で織っているので、光の加減でボルドー色がいい感じに表現されます。

    弊社の自信作です!とても難しい織物です。弊社にお越しくださった方だけにお見せしたいと思っております。今のところ何処にも卸していませんので、当店のみの取り扱いになります。

    ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

     

    さて、話は変わりますが、千切屋さんを後にする際に、こんな素敵なお土産を頂きました!

    ラベルには新旧社屋のイラスト入りの丹波ワイン。なんてオシャレなの♡

    開けるのがもったいないですね。

    享保2年の創業のラベルって。。。。恐ろしいでございます。弊社と同じ江戸時代の創業とはいえ、千切屋さんは100年以上前に創業でございます。素晴らしいですね。

    益々のご発展とご繁栄のこととお慶び申し上げます。

     

     

     

     

  • 2020/08/30
    夏衣で集う晩夏の宴

    今週も京都市内は連日、約37℃の最高気温。

    そんな中、奇跡的に台風の影響で、湿り気のある曇り空の日。

    私達は嵐山へ皆様とランチ&散策へお出掛けしました。お手配、イベントの企画は全て、kimomo dresser MAKI さんがしてくださいました。とても前から準備してくださり、何から何までお任せしておりました。本当にありがとうございました!

    ランチは渡月橋の近くに最近建てられた「muni京都」というホテルの中のレストラン「muni la terrasse」へ伺いました。数週間前から、コースのお料理を選んで、お店の方に伝えていたので、とてもスムーズにお食事できました。

    レストランのお向かいには、こちらも新しく「福田美術館」が建ってました。お食事後は、横山大観と菱田春草の展覧会を鑑賞。

    ホテルと美術館の経営者は同じく、消費者金融のアイフルの社長らしいです…。

    平日なので、レストランも美術館も混雑もせず、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

     

    そしてなんと帰りのタクシーが来るのでと美術館で待っていたら、何台かの人力車が!

    30分程、嵐山の案内をしてくださいました。本当にサプライズです!(全てMAKIさまのお手配です)

    人生初の人力車。まさかの人力車。郊外の観光客しか乗らないと思っていた人力車。

    まさか〜と言いながらも、完全に観光客気分で、楽しみました!

    そんな夢のようなひとときを過ごしました。

     

    ちなみに今回の私の着物のコーディネートは

    自社製の紋紗の色無地に、義祖母の絽綴れ帯。初めての付け帯でしたが、とっても楽でした!

    付け帯と言わなきゃわからないと思います。

    道中は右のような道行コートを羽織りました。確かに暑いですが、人力車に乗った時は、着ていて良かったと思いました。

    着物と帯を守るという意味での塵避けコートとしての役割をきっちり果たしてくれました。

    そして、この色合いから、残暑からの少し秋の気配を感じていただければと。

     

    次回はお客様のコーディネートご紹介していきます。

    私と違って、華やかですよ〜。

     

  • 2020/05/06
    【藤姫オンラインショップ】よりお知らせ

    夏用の染名古屋を追加いたしました。

    詳しくはオンラインショップへ→https://sato-orimono.co.jp/shop/

    どうぞ宜しくお願いいたします♪

  • 2020/03/23
    お誂えのお客様のコーディネート (kimono dresser MAKI 様)

    今年に入って2枚目のお誂えの kimono dresser MAKI 様のお写真をいただきました!

    今回は桜の時期の「SAKURAコーディネート」です♪

    生地は丹後縮緬で、金糸で縫取りの桜の花弁が散りばめられた、絵羽の付け下げです。

    この春のパーティ、お食事会用としてお誂えを希望されておりました。お仕立てまでのお時間があまりなかった為に、この桜の白生地をご紹介しました。気に入っていただき、特急で浸染にて染め、お仕立ていたしました。

    今回のお誂えは、優しいお色の桜色のピンクを選ばれました。

    流石です!素敵なお色をチョイスされていますよね♪

    着物は流行がないと言う人がいますが、私は色は流行があると思います。こういったピンクは、今の時代は綺麗めなお色を選ばれた方がよろしいかと思います。せっかくお誂えされるのであれば、こういった流行りでもある、綺麗めのお色が素敵ですよね♪

    お顔写りも良く、映えしますよ♪やっぱりピンクは「女子力」上がります〜。

    ちなみにですが、最近では桜は年中着られる柄として、浸透してきております。

    この時期だけでなく、年中着られるなんて、いいですよね♪

    素敵な着姿を拝見していると、私もこんな可愛い着物欲しいなーと思います(似合わないとか言わないで〜)

     

    後ろ姿もバッチリです!

    着付けも、髪の毛もご自身で、されたようですよ。凄くないですか〜⁈ 流石です!羨ましいです!

    全身バッチリ決まってて、今風の同系色のコーディネート、ホントに素敵ですね!うっとりです〜。

    MAKI様 いつもありがとうございます!そして素敵なお写真、ありがとうございました!

  • 2020/03/22
    お客様のコーディネート♪ (Y様)

    先日、弊社にて染帯をご購入くださいましたお客様のコーディネートです!

    素敵でしょ♪とっても綺麗なお顔立ちのお客様(Y様)なので、本当はお顔出しもお願いしたいところですが、写真の後ろ姿からも十分美人さんが伝わるはずです!

    自分で染めた帯を気に入っていただき、ご購入くださっただけでも有難いのですが、お召しになった時にお会いできると、また更にテンションが上がります〜!もう嬉しくて〜!写真撮りまくりです笑

    そして勝手に加工します〜笑

     

    もうほとんど、どこかの高級な料亭の女将さんのような。(ご本人さんはとても偉いご職業の方なのですが〜汗)

    本当にありがとうございました!

     

    さて、この「貝合わせ」の柄ですが、どうしても硬い雰囲気になりがちですが、さらりとこの様に無地感の着物に合わせると、華やいだ春の雰囲気が漂いますね。春の節句の時期だけでなく、着用できるように、四季の様子を貝の中に描き入れたので、夏以外はいつでもOKなんです。染め名古屋帯なのですがこの柄ですと、普段使いから、セミフォーマルくらいまで大丈夫なんです。

    ここ最近、「貝合わせ」の柄の着物や帯が人気のようですね。私がこの柄の染帯を色違いで2本作りましたが、有難いことにすぐに気に入ってくださる方に巡り会えました。

    有難いもんです。私の創作の活力です!

     

    こうして、このHP上で弊社の着物などをご購入くださったお客様のコーディネートを、できるだけ沢山ご紹介することが目標です〜。

    また只今お誂えのお客様の制作を何件がお受けしておりますので、徐々に制作途中の風景も公開していこうと思っております。