京都・西陣織 紋紗 夏着物 御召 京友禅 MENU

 着物一覧

  • 2021/08/23
    お知らせ
    雑誌掲載のお知らせ「美しいキモノ2021 秋」

    2021年8月19日発売(株)ハースト婦人画報社 発行 の「美しいキモノ2021 秋」に弊社の着物が掲載されております。表紙はこんな感じです↓

    詳しくはお見せできませんが

    「再発見 西陣御召」という特集の中で、ご紹介いただいております。

    〈御召緯のきもの〉の中で、お茶会に向く装い という分類でのご紹介で、

    西陣紋上代御召の付け下げが紹介されております。↓

    雑誌ではオレンジ色の地色に印刷されておりますが、実際はもっと渋いピンクグレーのような地色です。雑誌のような華やかさはありません。もっと落ち着いた色合いです。↓

    また 西陣ならではの紋紗と個性豊かなコート地 という分類で、弊社の紋紗が掲載されております↓

     

    雑誌掲載の商品は弊社にございます。現品限りの商品ですので、在庫及びお値段等のお問合せは弊社にお尋ねください。

    どうぞ宜しくお願いいたします。

     

  • 2021/07/11
    ここ最近わか集
    人生いろいろ

    梅雨明け間近でしょうか。どかーっと降って梅雨明け多いですね。で、今年もまた降り過ぎ!各地で被害が出ているようですが、皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか。

     

    今週も絶賛反抗期の息子との連日戦いで、本当に疲れておりました。でも仕事で新作の染めがちょっといい感じに出来たので(自画自賛ですが)、気分的にはずっと悶々としていた制作意欲がスッキリしたと思います。

     

    さて、嬉しいことに週末は東京からマダムがご来社くださいました。先月の東京の展示会でうちの紋紗の絵羽織をお求めくださった方です。先日の羽織の寸法の確定や、お手持ちの着物のクリーニングのご相談などお受けしました。そしてまた新しく今度は御召の羽織を新調されることになりました。

     

    プライベートなお話も気さくにしてくださり、穏やかでとても楽しい時間を過ごしました。子供から手が離れて次は自分に投資って方多いですね。着物のみならず、たくさんお洒落して楽しんでいただくお手伝いは楽しいです。そしてタンスに眠っている着物の整理のお手伝いも楽しいですよ。だって私も主婦ですし、お気持ちよーく分かります。勿体無いことはしたくないし、日の目を見させるお手伝いは私までスッキリします。着物に対してもお客様に対しても、良かったですね〜と心から思える仕事です。またこうしてお客様がわざわざ訪ねて来てくださり、楽しいお喋り、うちの近くの「リリーレース」さんという西陣のレースメーカーさんがマルシェをされていたので、ご一緒して楽しくショッピングしたり。東京のマダムはレース大好き♡爆買いです笑

    こんな感じで、お客様ともいろんなことをお話しして、お友達のように(私が勝手にそう思っているだけ笑)お付き合いさせていただくのって、本当に有り難いです。いつものものづくり、職人仕事とは別の楽しみですね。

    ありがとうございます。そしてマダムからいただいた東京のお土産はこれ!

    さっすがー、マダムです!上品な雷おこしです。私の知っているおこしは生姜風味ですが、こちらはカリッとした千葉産ピーナッツたっぷりのものでした。美味しかったですよー。ありがとうございます。

    はい。さてさて。。。。

     

    話はガラリと変わりますが。。。。

     

    このマダムお見送りした後の帰り道。

    知り合いの訃報を聞く。

    間違いであって欲しいと願ったが、そうらしく…。NHKのニュースでも伝えられた。

    私はfbでお友達で繋がっていたけど、少ないお友達の中でも本当に自慢の方でした。

    可愛そうだし、残念だし、お酒をご一緒した思い出、チャーミングな人笑顔、残された短いメッセージとのやり取り…。泣けます…。本当にもったいない才能。残念です。

     

    親しい仲ではなかったのですが、なんだかやっぱりショックで…。

    ここに書けるのはそれくらいです。

     

     

    で。気を取り直して!

    来週も、またまた忙しくなりそうですよ〜。仕事もそうですが、息子の学校関連やワクチン接種、なんだかポロポロと予定が詰まっています。

    元気に頑張りましょう〜!

    皆様もどうぞご自愛くださいませ。暑くなってきたので、十分な水分補給を♪

     

     

  • 2021/06/27
    キモノアレコレ
    西陣織元コレクションTOKYO2021

    まずは先日6/4〜6/6まで開催されました【京都西陣織元コレクションTOKYO 2021 「織職人応援企画セール」】の様子を写真でお楽しみくださいませ。

    出展者は下記の通りです↓

    【西陣織元コレクションTOKYO2021出展者】
    《ブース出展》順不同
    ・(株)あだち ・五十嵐織物(株) ・今河織物(株) ・(株)梅垣織物・おおば・岡文織物(株) ・(有)帯屋捨松 ・(株)織よし ・佐藤織物(株) ・(株)秦流舎 ・(有)蔦屋久兵衛 ・りんどう屋・佐々木機業 ・(有)彩栄 ・(株)西陣輝洸 ・西陣田中伝 ・(株)西陣まいづる ・(株)もりさん ・(株)安田 ・吉村織物(株) ・(株)田村屋 ・(株)絲屋善創 ・とみや織物(株) ・アート裕
    《ワゴン出展》順不同
    ・(株)織華佐竹 ・河瀬満織物(株) ・(株)京都イシハラ ・大光(株) ・(株)辻梅機業店 ・三上織物(株) ・(株)桝屋高尾 ・(株)都 ・(株)やまひで ・岱﨑織物(株) ・(有)長島宝山織物 ・山本義織物(株)・タイヨウネクタイ(株) ・hibaco ・西陣織会館

    会場はこんな感じでした。

    雰囲気伝わるでしょうか。

    そして弊社のブースは?といいますと。

    ごちゃごちゃと、最後まで商品が整頓されないブースでしたf^_^;

    持って行った商品多過ぎだし、欲張り過ぎです。せっかくだから、あれもこれもご覧いただきたいし、ちょっと羽織ってみたいと言われた時にはサッと羽織れるようにと仮絵羽に仕立てて、ハンガーに掛けて。

    結局、狭っ!見にくい!というブースになりました。大変失礼いたしました。

     

     

    しかしながらも、今回お越しいただけなかった方からも既に来年あったら行きたい!開催してほしいというお声をいただいておりますが、当然私には何の権限もございませんので、組合の上の方とお話しする機会がございましたら、お伝えいたします。それにしても嬉しいご意見、ありがとうございます!

     

    私が一般消費者の立場だったとしても、この展示会はとても良い機会で、楽しい催事だと思います。織元とお話しをして、織元の思いを聞いたり、こだわりや技など聞けるのは勉強としても趣味としても消費者としても楽しいのではないでしょうか。

    買う買わない関係なく気軽に呉服に触れることもできるし、見ているだけでも楽しいですよね。

    今度着るならこんなの欲しい!とか、何かを買うときの基準にされても良いのではないでしょうか。

    弊社のスタイルとしては、というのか私のスタイルとしては夏の着物あるいは薄物の羽織物を買う時の候補として、弊社の商品も視野に入れて欲しいとの思いです。とにかく見るだけでも見て行ってほしいと思います。←こういうこと言う怪しい業者っていますよね笑

    いずれにしても、言ってしまえば紋紗って、着物の中でも必需品でもないし、要らないリストの上位ですよね。私もそれをわかっていますので、要らない物を無理矢理買わせる気は全くないです。私はこういう色柄が欲しかった!と思ってもらえる商品を作らねばと思うのです。それだけですね。だからいろんなところで吟味した上で弊社の商品を選んでもらえると、一番嬉しいと思っています。

     

    残念なことに弊社の商品はいつでもどこでも見られる商品ではないので、こういう機会に沢山の人に見てもらい、知ってもらいたいです。

    今回初めてこういった展示会を西陣チームで開催しましたが、多くのお客様で華やかで楽しく、何よりも無事に終了できましたこと、心より御礼申し上げます。私自身も本当に楽しくて、いろんな方からお声がけいただきました。インスタ見てますというお声も多く恥ずかしくもあり、嬉しくもありました。会場から生配信をしていたYouTubeで見ましたという方もいらっしゃいました(汗)みなさまありがとうございました。

    人前に出るのも、喋るのも苦手で織元トークショーは出ない!と断っていましたが、結局出なきゃいけないし、まともな説明もできやしないし、申し訳ございませんでした。。。(汗)

    こんな感じですが、また来年開催されるのであれば、また参加させてもらいたいです。楽しかったので笑また皆さんにお会いしたいなと思いまして。

    どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

    最後は意味もなく会場近くの歌舞伎座の写真をば。

     

    会場で気になった商品やご質問等がございましたらお問い合わせください。

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

     

  • 2021/05/08
    キモノアレコレ
    弊社の紋紗のお取扱いについて

    弊社の紋紗をいつもお取扱いくださっている業者様、及びこれから取扱いをご検討くださっている方々へのご案内です。

     

    今年に入りまして、去年とは違って少しずつですが弊社の紋紗の出入りが多くなってきました。そして展示会や販売会も増えて、私もちょっとだけですがそのような場に立ち会うことが増えました。そのような中、少し考えるところがありまして、今回は私の思いの丈を書かせてください。辛口ではございますが、お付き合いくださればと思います。

    つい先日4/4付の「お知らせ」のコーナーでも熱く?語りまして重複しているかもしれませんが。

     

    まず弊社の生産体制からお話しますと、織手さん1人、会社は夫婦2人で営んでおります。誰かに手伝ってもらいたいと思いながらも、10年以上前から従業員を雇える状況ではありません。白生地の生産・管理から染出し作業など、2人でやっております。夫婦のどちらかが倒れたら会社は回らなくなるでしょう。

    また織手さんも現在1人で頑張っておりますが、みなまでは書きませんが、そういう状況です。

    そして織り上がる生地はとても難しい生地に挑戦しているために、正反はほぼ織れないと言っても過言ではありません。

    そのような生産体制の中で、私達は1反1反と丁寧に向き合い、この地紋はこの色、この染め方、と白生地に命を吹き込んでいきます。貴重な正反を如何に最高の形にするかを考えて、染め出しをしております。丸巻きの反物でベストの状態で、お客様に提供できることを常に考えております。それは弊社の紋紗は着物、羽織、道行コート、道中着、いろんな形にお仕立てが出来ますので、ベストな状態の正反の丸巻きを提供し、お客様にお仕立てを選んでいただければとの思いがございます。

     

    ただ残念なことに、白生地の段階で正反が常に織り上がってくるわけでもなく、また正反だったのに染めの段階や、整理(のし)などの工程で難物になる場合も多々あります。

    元々とてもデリケートな生地ですので扱いが難しく、ちょっとした気の緩みの人為的なミスで難が出る場合も多々あります。

     

    さて、ここまでが前置きになりまして、ここからが本題です。

    私達が如何に貴重な1反1反を大事に大事に想いを込めて扱っているのか、少しはご理解いただけたでしょうか。そして勝手な私の想いの話だけでなく、本当に貴重な1反だということを知っていただけたと思います。また商売がいつまで続けられるのかも断言できない状況ということも。

     

    その上で、心からのお願いです。

    弊社の反物をお取り扱う際には、どうぞ丁寧に扱ってあげてください。

    単にお商売の材料として、賑やかしとしてだけに扱わないでいただきたいのです。うちの商品に愛情を持って接して欲しいのです。

    ちょっと思うところがありまして、書かせていただいております。

     

    何のことか分かりづらいので、今までにあった悲しい例をいくつかあげます。

    ・反物にボールペンのインクがついていました→多分、ボールペンを持ったまま反物を扱ったのでしょう

    ・日の当たるショーウインドにディスプレイされていたのでしょう。綺麗な紫が反物の入り口は水色に変色していました→地直しの範囲が広過ぎる為、貴重な正反が難物になりました。

    ・反物や絵羽が折れ曲がっていました→あまりにもキツく折れていたのは展示会の搬出の際に雑にダンボールに詰めて梱包されたようです。デリケートな商品なので折れに弱いのです。反物でお客様に着装の際にも十分にお気をつけてクリップで止めてください。雑にクリップで止めたり外したりすると、白くスレます。直りません。

    ・展示会場と同じ場所での飲食の提供は考えていただきたいです。特にお茶菓子をお客様にご提供される際には食べこぼしなど気になります。お客様がお茶菓子を召し上がれた後の処理をしっかりしていただきたいです。(この時期飲食の提供は、ほぼされていないと思いますが)テーブル、床、お客様の手など、反物を広げてご案内する際にとても気になります。お菓子のクズや手の汚れが付きますとシミやカビの原因になります。

    ・反物で着装をされる時、絵羽の着物を着装される時、ファンデーションや首元の汗が付かないように注意してください。また着装の際には必ず着物シートを広げて、その上でお客様に着装し反物を扱ってください。

     

    商品に愛情があれば、難しくないと思います。

    ま、言ってしまえば、はい、そうです。私は神経質です。まあまあ潔癖症です。私が普通ではないということでも結構です。うるさいオバハンです(それは事実です)

    ただ私達が心を込めて作り上げていく商品を同じように大事に思って欲しいという思いからなんです。全てお買い取りしてくださるのであれば、どうぞ何なりとお好きに…と言いたいところですが(それはお客様にとって幸か不幸かは???ですが)

    私達はかなりのハイリスクを背負いながら商売をしており、お買い取りなかった商品の返品を受け付け、いつどこで事故したかわからない着物の、シミ落としや焼け直しの地直しを背負っております。ノーリスク ハイリターンでは全くありません。

     

    長文になりましたが、どうぞメーカーである織元にではなく、職人である織手さんに敬意を払って商品を扱ってあげてください。私と同様に自ずと商品を大事に思えて、愛情が湧いて、大事なお客様にお届けしたい、着ていただきたいと思えるのではないでしょうか。

    これから紋紗のシーズンです。お取り扱いされる業者様は弊社の商品に限らず、生産者の思いを汲んでお取り扱いしてくださればとの思いで書かせていただきました。

     

    失礼な文章と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞご容赦ください。正直な私の思いを書かせてもらっています。少しでもご理解いただければ嬉しいです。

     

    どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

     

  • 2021/05/06
    お知らせ
    ピーターラビット™️の染帯について

    去年より【ピーターラビット™️】のコラボ商品がフリーになりまして、弊社で取扱いができるようになりました。しかしながら、このコロナ禍でお客様に直接お見せする機会がない状態でした。

    そんな中、先日お取引先様の展示会にて、お目に留まったようでして納品及び商談中という運びとなりました。

     

    残り染帯が1点、弊社にございます。訳あってオンラインショップにも掲載しておりませんが、気になる方は是非お問合せくださいませ。(下の写真及び説明をご参考になさってください)

    またお電話やメール等でご来社のご予約をいただけましたら、直接店頭でお手に取ってご覧いただけます。まずはお気軽にご連絡くださいましたら幸甚です。

    どうぞよろしくお願いいたします。


     

    【商品説明】

    手描き京友禅の技法にて染上げた染め帯です。作者は当オンラインショップも担当しております、京友禅の職人です。京都府の「京もの認定工芸士」京友禅の部門に認定されております。京友禅の主たる工程である下絵・友禅を主に手掛けております。

     

    本商品の生地は、真綿紬入りの紗の無地です。これ自体凝った生地なのですが、特筆すべき第一の特徴は友禅の柄にございます。

    「ピーターラビット™」の柄を京友禅で描いております。
    2016年、ピーターラビット™の原作者のビアトリクス・ポター生誕150年を記念して、伝統工芸コラボ商品を制作することになりました。原画を元に日本の伝統柄である雪輪や萩を組み合わせて、弊社でデザインし、京友禅で描きました。
    2016年~札幌、東京、秋田など百貨店や美術館を全国巡回展示され、今は手元に戻ってきております。
    この商品は(株)ソニープロダクツ様とライセンス契約を結び、正式にコラボして作成し、販売いたしております。
    染帯は1つの図案で色違いを2本のみ制作いたしました(萩の色を変えています。紫と緑の二種類です)公認を受けたピーターラビット™の染帯は世の中にこの2本しか存在いたしません。
    地色は合わせやすい薄鼠とクリーム色の暈しです。暑い時期に見た目も涼しい色柄の染め帯に仕上がっておりますので、濃い地色でも薄い白っぽい地色の着物でも、どちらにも良く合います。(写真では元気なビタミンカラーの水色の着物を、コーディネートの例として掲載しております)
    単衣の時期からお召しいただけますので、カジュアルな小紋や色無地、夏着物(夏大島や明石縮など織の着物など)に合わせてお召しいただけると素敵だと思いますよ。
    ピーターラビット™が好きな方、ウサギが好きな方、兎年生まれの方、如何でしょうか。年齢を問わずお召しいただける人気のキャラクターです。可愛らしい柄の染帯を纏って、お出掛けしては如何でしょうか。

    ■商品仕様

    商品名:京友禅 名古屋帯 ピーターラビット™(萩・緑)
    お仕立て:名古屋帯
    生地:西陣紋紗
    地紋:無地(紬入)
    生地巾:約9寸2分
    ご購入をご検討いただける方はお手元確認をされることをお勧めいたします

    染め帯は当オンラインショップもしくは弊社店舗のみの販売とさせていただいております。

     

    ◇価格について
    お電話かメールにてお問合せください

     

    ■ご注意事項
    写真の商品写真はできる限り実物の色に近づけるよう加工しておりますが、お客様のモニター設定、お部屋の照明等により、実際の商品と色味が異なる場合がございます。また、「風合い」「訳ありの状態」などをお確かめいただくためにも、反物を実際にお手に取ってご覧いただくことをお勧めしております。

    弊社に足を運んでいただいてもよろしいですし、遠方の方やお時間に余裕のない方には、商品をお送りしてご確認していただくことも可能です。(その場合の往復の送料は無料となっておりますが、キャンセルされる場合は返品時の送料はご負担いただくこととなります。)詳しくはお買い物ガイド・お仕立てについてのページ、にてご確認くださいませ。